斎藤佑樹は数年前には甲子園を沸かせ、今は神宮球場を代表するスターであり、マスコミの目からも逃げることが出来ない存在になっています。

斎藤佑樹とドラフト

斎藤佑樹とドラフト

スポンサードリンク

斎藤佑樹とドラフト

斎藤佑樹という存在はそこにいるだけで華やかさをもった天性の存在感があり、ファンを獲得したい各プロ野球球団は熱い視線を送っています。しかしながらまだ斎藤佑樹というプレイヤーが実際にプロ野球球団に入団して、即戦力となれるかは未知数なのです。身長175センチと決して斎藤佑樹は野球選手として恵まれた体格ではなく、むしろいままでは少年時代から磨いてきたセンスだけで活躍してきたようなものです。6大学野球ではそれこそ歴代に残る選手であることは間違いないのが斎藤佑樹ではありますが、そのままではおそらく通用しないでしょう。ドラフトで斎藤佑樹に指名権が集中することは間違いないでしょうが、まだ実力を買って、というプロ野球球団は少ないかもしれません。プロで活躍するためには、現在の状態では非常に難しけれども、人気で注目されているきらいがあり、それに一番苛立っているのは斎藤佑樹ではないでしょうか。そこで大学卒業する前に、なんとか肉体改造をかけていき、本当にプロ野球球団に人気で、ではなく実力で選ばれたいであろう選手が斎藤佑樹なのです。

斎藤佑樹は天性の野球センスを持っていますが、まだその優れているセンスを十分に生かすことが出来ていないように見えます。それは斎藤佑樹自身が一番わかっていることであって、ドラフトで指名されるまでには、自分の野球センスを発揮できる肉体に改造することが目標かもしれません。やはりどのようなスポーツの選手であっても、人気先行と言われることは屈辱ですから、斎藤佑樹は孤独に自分の肉体と向き合っているのではないでしょうか。またプロ野球球団が、人気だけを目的にドラフトで指名されるということも、斎藤佑樹には屈辱になることでしょうね。人気、実力ともに揃っている状態で、斎藤佑樹はプロ野球界へとデビューするために、今は肉体改造をかけているのではないでしょうか。プロで活躍するにはまだまだ華奢すぎる肉体をもっと強靭に変化させていかなければ、ドラフトが屈辱になることを予想しているのが斎藤佑樹自身なのです。望んでいることはプロ野球球団に入団してから、すぐさま期待されるような活躍が出来るようになっていることが目標になっていることが想像できるのが斎藤佑樹です。もしかするとまだ足りないと考えて、斎藤佑樹はプロ野球球団に入団せずに、社会人野球に進む可能性もゼロではないのです。ですが多くの予想では、斎藤佑樹がプロ野球球団に入団することが予想されていますし、そうなる確率の方が高いのかもしれません。

斎藤佑樹がどのプロ野球球団に入団することになるのか、入団してからの活躍はどうかと想像するとわくわくしてくる方も多いのではないでしょうか。おそらくはドラフトで最高の目玉になるということは確かではあるのですが、自分に厳しく野球と向かいあってきたからこそ、去就が楽しみなのが斎藤佑樹です。



a:2182 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析