斎藤佑樹は数年前には甲子園を沸かせ、今は神宮球場を代表するスターであり、マスコミの目からも逃げることが出来ない存在になっています。

斎藤佑樹と早稲田大学

斎藤佑樹と早稲田大学

スポンサードリンク

斎藤佑樹と早稲田大学

斎藤佑樹の本格的な野球でのキャリアの始まりは早稲田実業に入学したから、といってもいいかもしれません。実は斎藤佑樹自身は地元である群馬にあり、兄が野球部で主将を務めた高校に入学を決めていたそうですが、より高いレベルも求め早稲田実業に入学したそうです。推薦入学で早稲田実業に入学した斎藤佑樹の活躍は、もうご説明するまでもありませんが、早稲田実業に入学したからこそ花開いた才能かもしれません。もしも早稲田実業ではなく、斎藤佑樹が地元の兄と同じ高校に進んでいたのであったなら、こんなに早く注目されることはなかったことでしょう。幼少期より野球では優れたセンスを見せていたという斎藤佑樹ですが、早稲田実業を選んだことが一番の野球人生の分岐点だったのではないでしょうか。あえて親元を離れ、兄とともに慣れない東京で早稲田実業に通う毎日が斎藤佑樹をまた大きく育てたといってもいいでしょう。まさしく「早稲田実業」があってこそ、マスコミからも、各球団からも注目を浴びるようになったといっても過言ではないのが斎藤佑樹です。

斎藤佑樹は高校卒業時にそのままプロ野球界入りを噂されていましたが、早稲田大学への進学を決めます。この早稲田大学で斎藤佑樹が学んでいるのは教育学部という場所であり、いつかは野球の指導者を、と考えているのかもしれませんね。しかしながら望めばすぐに憧れであり、目標の第一歩であるプロ野球選手に慣れたかもしれないのに、どうして斎藤佑樹は早稲田大学への進学を決めたのでしょうか。冷静に自分の肉体的なハンデやまだまだ十分ではないスキルなどを斎藤佑樹は確認したのかもしれません。確かにそのまま早稲田大学に入学せずにプロ野球界入りをしても、斎藤佑樹は体を作りかえるところから開始して、というゼロからのスタートになったでしょう。おそらくは斎藤佑樹が望んだのは早稲田大学でプロ野球界入りしても十分に戦力になる肉体とスキルを積んでから、と判断したのかもしれません。「早稲田」と名がつく高校と大学で、徐々に自分のスキルとプロでも通用する肉体を作ろうとしているかもしれないのが斎藤佑樹です。

斎藤佑樹は自分が非常にマスコミからも各プロ野球球団からも注目されている存在だということを認識しているようです。そのために高校卒業と同時にプロ野球界入りしても、実力を発揮できないことを自覚していたからこそ、斎藤佑樹は早稲田大学への進学を決定したのではないでしょうか。あの天才といわれるイチローですら、高校卒業とともにプロ野球界入りしても活躍できるようになるまでに数年かかっていることなども斎藤佑樹は考えたかもしれませんね。確かに普通の男性に比べれば見事な体格ではあるのですが、斎藤佑樹はプロでプレーするにはいささか華奢です。そこでまた中学の時にレベルの高い高校でスキルを磨くことを考えたように、早稲田大学で肉体改造とスキルアップを考えたのかもしれないのが斎藤佑樹です。




a:1101 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析